幸福の法則

年齢職業不公開前提、休日は山に行ったり川に行ったり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
皆様の叱咤激励のお言葉を頂き
今日はこんなに釣れてしまいました
これも全て私の努力のたまものと思っている所存だよ~ん
映画2
画像が違いました
080330_1030~0001

先週は穂先に当たりもなくすごすごと帰って来ましたが
こんなに釣らせて頂きました
隣の釣り人はワカサギボンバーの放置釣り
F1ファイバーの餌なし釣りなど大変参考になりました
しかし、とても私にはまねの出来ない難しい釣り方だったので
真似出来ません
って言うか真似しません1FL0339.gif

先週ドーム船で「地獄を見た釣り人」数人ものってましたが
まさに懲りない面々です
周りの人達はイッパイ釣っていましたが
私は黙々と釣りに集中させて頂きました
同船になられた方には多分イヤな奴と思われた?
静かに釣ったから私の存在など気にもかけなかった?
とにかく楽しく釣らせて頂きました。
スポンサーサイト
このページのトップへ
DSCN1718.jpg

住宅街の真ん中の空き地にあった看板。
周りは路上駐車であふれていた このページのトップへ
新記録達成?新記録樹立?新記録更新?だったかの記事を
編集しようとしてどうやら間違って削除してしまいました。
ここにお詫び致します
コメント沢山頂きましたが最後に書き込んでくれた人は
さぞ不安だった事と思います

ドーム船地図


ドーム船の形を見て
興奮しないよう頑張ります このページのトップへ
DSCN1742.jpg

ぎんなんを親戚から沢山頂いたのでなんとか食べなくてはいけない
そこでいつものやり方で殻を剥くのだ

DSCN1739.jpg

先ずは車の工具箱からプライヤーを出してきて
この様に握る
DSCN1740.jpg

ぎんなんのスジの入っている方を挟むようにして
軽くプライヤーで挟んで殻にひびを入れる
DSCN1743.jpg

サラダ油をぎんなんが隠れる位入れて15~30分おく
それから油を切って
DSCN1744.jpg

フライパンで煎る
ぎんなんがエメラルドグリーンになったら
DSCN1747.jpg

爪楊枝でぎんなんを刺して取り出す
この様にすることでぎんなんの剥きにくかった渋皮がするりと剥けるのだ。

あとは剥いたぎんなんは油っぽいので
キッチンペーパーでふき取る


このページのトップへ
私、子供が3人も居るのに初めての卒業式参列、それも名古屋だった!

oshiro.jpg

DSCN1726.jpg

一番閉口したのは学長の挨拶(立ち見で見ていたので辛かった)
良くあんなに話せるものだと感心。
知事の挨拶の3倍は話して居たような気がする

初めは学科の代表が証書をもらうと静かに代表と一緒に礼するのだったが
ある学科の代表が壇上で証書をもらうと同じ学科の男子学生が
大きな声で「ありがとう御座いました!」と言った。
その瞬間、式場内が笑い声に包まれたのだ。
それから続くフランス学科の生徒はフランス語でメルシー・・・・。
ドイツ学科は・・・・ダンケ。中国学科は・・・・謝。
外国語は解らないが声を揃えて感謝の言葉らしい
微笑まし光景だった。
さしずめ岩手学科があるとすれば”ドウもありがとがんした”か?

昔、小牧長久手の戦いのあった長久手町にあるので
特別に長久手鉄砲隊のお祝いの一斉射撃を見た
DSCN1728.jpg

DSCN1730.jpg

なるほど小説などで雷鳴轟くと言うような表現をするが
まさしく雷が落ちるというか花火の5号玉が上がった様な音だった
TVでやるようなへなちょこ音でなかった。

このページのトップへ
夫婦で次女の卒業式の参列のため名古屋へ行くこととなっていたのだ
駅の窓口でフルムーン切符を進められた(妻談)
フルムーン切符とは五日間JR 全線乗り放題、特急券、グリーン券、B寝台付きで
二人分8万500円なので当然のそれにした
購入条件は夫婦合計年齢が88歳以上なので
われわれは十分に条件をパスしていた。

秋田新幹線こまちでまずは東京へ
こまちのグリーン車に乗ったら
アテンダントが直ぐにきて
「御絞りをお使いください」
「スリッパはお使いになりますか?」
「お飲み物はどうしますか?」
      ・
      ・
      ・
当然のことのようにすべてのサービスを受けたのは妻。

byuu.jpg


JR東海も同じサービスだろうなといいながら
ひかり415号へ乗り継いだ
こまちのグリーンより気持ち広いようなひかり
小田原あたりでアテンダントが現れて
「御絞りです」
それだけ言い放つとさっさと行ってしまった
会社が違うとサービスも違うのね(無知でした)


着いた名古屋は雨
夕食まで間があったので時間つぶしに
その辺をぶらり
駅付近には今日卒業式の帰りと思われる振袖、袴姿の女子大生が・・・。
名古屋は20日が大学の卒業式ピークらしい。

このページのトップへ
この冬”岩洞湖”この言葉が日本のニュースで流れたのである
「今日一番寒かった盛岡市藪川岩洞湖-18度」だったかな~
そこに住んで居る方に寒干し大根を頂けるよう頼んでおいたら
「できたぞ~」と連絡があったので釣りの帰りに寄ってきた
DSCN1701.jpg

-22度を耐え抜いた寒干し大根をである
我が家ではみそ汁、含め煮などで活躍をするはず


ついでに昨日釣った161匹のワカサギを昨夜の内に干しておいたら
丁度良く出来上がっていた
今夜の食卓は岩洞湖ザンマイになるの?奥様
DSCN1702.jpg
このページのトップへ
先週の釣行の時、フラッシャーの調子がわるいので
岩洞の帰りに釣具屋によって修理を依頼しておいたのだった
その修理完了の知らせが土曜日にあり、岩洞の帰りに寄ることにした
岩洞で監視員の方から氷が思ったより早く溶けたので
「氷釣りは20日まで!」
次の休日は23日の私には
来シーズンまでフラッシャーは必要無い事になった
赤丸の所の振動子の断線らしい
10500円の修理代も掛けて直して貰ったのに
氷上釣りには「もう。遅いのや!」
DSCN1699.jpg

このページのトップへ
例年だと今頃テントの中はワカサギの生臭さで大変なのだが
昨日、釣ったワカサギは全然抱卵が進んで居ない様な気がした
今年は産卵期が遅いのだろうか?
爆釣シーズンは氷りが溶けてからなのだろうか?

と言うわけで釣れないときは笑って和むしか無いんだよな~
釣れても釣れなくても予定の酒量だけはこなすタニヤンDSCN1685.jpg
酒のつまみの定番は1500円で買ったプレートで焼く、ソーセージ
釣り道具は忘れても、焼き道具と酒とたばこで時間を・・・。
DSCN1680.jpg
わざわざ仙台より釣りの為に帰って来たのに穴あけでヒィヒィの我が息子
DSCN1682.jpg
大体10番まで行く気ナシだったのに・・・・。
10番まで行くとき「例年だと8番の右側がソロソロ釣れる頃だ!」と言ったのに
ツイツイ9番10番と進んでしまった、
監視員からの情報で
「しまった!」「急げ8番へ」 と素直に移動したのに
遅かったのよね(泣き)
このページのトップへ
漁探

2日の釣行のおり
「ハイ!これを貼って置くように」とカシラから渡された。
おまじないとして漁探に貼っておく物らしい


ついでに今シーズン使っている電動です
D-360

08バージョンのD-360
私的には、静かすぎてオモシロくありません
わざと重く作ってます。
左手放置用のD-360はtaco氏に捨てるよう依頼したので
行方不明


D-350-by08

08バージョンのD-350
トラブル回避をテーマに作ったら重くなりました
自動ストッパーを付け、置いても持ってもスプールフリーをしやすく作ってます
軸にラインが巻き付いてもすぐにほどけるので
目的は達したのですが、作るのが面倒な為二度と作りたくない。
D-355
このページのトップへ
2de.jpg

ドリルの長さがもう少し欲しいくらいに
雪の層が厚くなってきました
穴を最後まで開けようとすると片ひざを着いて
回さなければななら無くなってきたのだ
そこでドリルに延長用シャフトを付けるのは今だ!
3月も岩洞に来る、自称ワカフリークなら持っていて当然の物なのだが・・・・。
DSCN1666.jpg
このページのトップへ
シーズン前に買って置いたバリバスのテントを使ってみたいので
タニヤンと相談して”お互いにソロテントで”と話を決めていたのだ。
仲間の釣り氏達とはいつも場所をいつもの時間に通りかかったら
ウロウロしていたので一緒に行く事となり
”第2ワンド”にすると言う
我々は車の中で第4ワンドを第一目標にしていたが
若者の意見を尊重?(意志が弱いだけですが)
氷上は雪、その下は水、それから氷
こんな日は迷わずスノーシューのお世話にならなくてはならないのです
1シーズンに1度か2度使うか使わないかの物ですが
今日はその日です、氷上楽勝スンゲー快適
私がスノーシューを買った頃はまだ、岩洞湖では”かんじき”が主流で
どなたも使って居ませんでしたが、最近は見かける様になったな~
一度味を占めたら楽で楽で・・・・。
スノー週4


今では我が釣りグループの標準装備になりましたが
スキーと同じ要領で方向転換したほうが良いんです
何故かと言えば後ろに下がるとき、そのまま下がるとテール部分が雪に刺さり
転ぶことが多くなりがちで後退危険を覚悟しましょう
DSCN1658.jpg

履いてないと歩くだけで大変なのにこんな遠くまで
試し釣りの穴を開けに行くことが出来るんです
しかし今日も苦労して釣り穴決定したな~
anaake

いざ釣り始めたら誘って誘って、忘れた頃にポツリポツリ
クッ~!ダメだこりゃ、隣のヒツジ氏に声を掛け
その隣の鯖氏に声を掛け
帰って来る返事は「2匹」だ!「3匹」だ!」
タニヤンにも声を掛けると「まだ1回も当たりがない!」(あらら)

タニヤンに「どうする?場所移動するか?」
 いつもは”お任せします”と返事が返って来るはずが
    「移動しましょう」の一声(飲んだビールは、まだ1本だけだったらしい)
   後で考えると、その時は周りの誰よりも私は釣っていた(5匹)

一旦、道路に上がって第4ワンドを見たら
すでに露天商が数名、見えていた
しかし第3ワンドはガラガラだったのさ
そうなれば第3ワンドに行くしかないのだ。

先行者テント2張り
釣れないと言ってもこの広さに2張りでは幾らかは釣れんでしょ!

フラッシャーを10数カ所、穴に入れたのに
1ッ箇所のみほんの少しの反応がある
仕方ないのでグジャグジャ氷上をスノーシューで圧雪してから
その穴で開始、釣れません
移動?冗談じゃない
そんなことはもう考えたくないのであった。


当たり一回もナシ
第三ワンドでボーズ
どうだまいったか?



11時にはあきらめ全開
近くで釣っていた人も同時に釣り止めたので
声を掛けたら”一回も当たりなし”と
お互いが慰め合うような目をして・・・・。

次は第一ワンドに行くつもりが
いざ第一ワンドに行ったらやる気ナシ
ではドーム船と、めざしたら国道より見える所で確認したら
人がかなり入っているようなのでパス。
そのまま2番機嫌になって帰還決定

帰りの車の中で今回は、ほとんど飲めなかったタニヤンが
助手席でワインをラッパ飲み
「うんめ~」の一言
そして反省の弁「ナニを反省したらイイか解りません」
(ごもっともでございます)

バリバステントを使って一言
テントを入れる袋が小さいぞ!ゴォラ~






このページのトップへ

Information

だしこんぶ
  • Author: だしこんぶ
  • 春は山菜、夏は鮎
    秋は雑ッ茸、冬は岩洞湖
    一日に一つは話の種を見つけたい。

Search

Calendar

02月 « 2008年03月 » 04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

FC2カウンター

NHK時計

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。